f 約束手形と為替手形の違いは何なのか? | 約束手形の情報まとめ

約束手形と為替手形の違いとは

約束手形と為替手形の違い
約束手形と為替手形の違いがイマイチ分からないという方は多いと思います。
そこで今回は約束手形と為替手形の違いを分かりやすくまとめました。
気になっている方は今後の参考に目を通してみて下さい。

約束手形とは

約束手形とは振出人が取引相手に手形を振り出して、「〜までに支払います」と約束する手形貸付の一種です。

為替手形とは

為替手形とは振出人が第3者の受取人に対し手形を委託することで、受取人へ一定金額を支払ってもらうことのできる手形貸付の一種です。

約束手形と為替手形では取引の仕組みが異なる

約束手形と為替手形の大きな違いとして挙げられるのは、取引に関与する人数です。
振出人と受取人の2人で成り立つ約束手形に対し、為替手形は振出人と受取人、第三者(支払人)の3人で取引が成立します。
このように、約束手形と為替手形の明確な違いとしては2社間か3社間かの違いになります。

約束手形の仕組みを説明

約束手形の仕組みをA社(振出人)とB者(受取人)で例えると以下のような感じです。

  1. A者(振出人)がB社(受取人)に対して手形を発行する
  2. B社(受取人)が支払期日の記載された手形を受け取る
  3. A支(振出人)が支払期日にB社(受取人)に定められた金額を支払う

為替手形の仕組みを説明

次は為替手形の仕組みについてA社(振出人)、B社(受取人)、C社(第三者)で説明していきます。

  1. 振出人であるA社が第3者のC社に「B社への支払いを替わって行なって欲しい」というように依頼をします。(
  2. C社が合意すれば、A社はB社に「代金はC社から貰って下さい」」と頼みます。
  3. B社がC社から代金を受け取ります

このように約束手形と為替手形ではサービスに着手する人数、現金化までの流れが異なります。

まとめ

今回は約束手形と為替手形の違いを紹介させて頂きました。
約束手形と為替手形では取引に関わる関与する人数というのが異なります。
これから手形貸付を行う場合は予め資金繰りを把握した上で、不渡りの無いよう注意して利用することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする