約束手形とファクタリングの違いとは

約束手形とファクタリングの違い
約束手形とファクタリングはどちらも資金調達を目的としたサービスであるため、両者の違いがハッキリしない方も多いでしょう。
そこで今回は約束手形とファクタリングの違いを分かりやすくまとめました。
両者の違いが何なのか?を詳しく紹介していきますので、今後の参考にして頂ければと思います。

約束手形の仕組み

約束手形とは手形取引の一種で、未来にある定められた日にちに代金支払いの約束をする有価証券です。
約束手形を発行する人を振出人と言い、約束手形を受け取る人を受取人と言います。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングとは売掛先企業から回収した売掛金をファクタリング会社に譲渡することで、期日よりも早く代金を受け取ることのできる資金調達方法の一種です。
ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングが存在します。

約束手形とファクタリングの違い

約束手形とファクタリングの違いは、どのようなものなのでしょうか?
両者の違いを詳しく紹介していきますので、一緒に見ていきましょう。

返金義務の違い

ファクタリングの場合は融資とは違い「売掛債権の売買」という扱いなので、譲渡した債権が後に支払われなかったとしても、債権を売り渡した人にまで責任が及ぶことはありません。
仮にファクタリング会社から咎められた場合でも、「既に売ったものなので私には関係ありません」と断言することができます。
一方で約束手形の場合は、約束手形が現金化できる直前の日に金融機関から手数料を割引かれた分の金額を受け取ります。
約束手形は手形を担保にした正式な融資という扱いになるので、もし「不渡り」が起こった場合は割引を依頼した受取人に買取りの義務が発生します。
こうした返金義務の有無が約束手形とファクタリングにある1つ目の違いです。

手数料の違い

ファクタリングの手数料相場は、2社間ファクタリングが5%〜15%、3社間ファクタリング
が1%〜5%となっています。
一方で約束手形の相場手数料ですが、銀行で融資した場合は1.5%〜5.0%、手形割引業者で融資した場合は3.0%〜15.0%となっています。
どちらも一見すると大きな違いは無いように見えますが、全体的に見てみると約束手形の方が若干安いです。

審査難易度の違い

ファクタリングでは「売掛先の信用力」が最も重要な審査基準になります。
資金を貸す側のファクタリング会社からしてみれば、代金の回収できない可能性を最も回避したいので、売掛先の信用力が一定の基準を満たしているかどうかをチェックします。
しかし、ファクタリングはあくまでも「融資」ではなく「売買」なので、売掛先に余程の問題が無い限り、審査に落ちるケースはほとんどありません。
ファクタリングの審査は他の融資に比べて、通過しやすい傾向にあります。
一方で約束手形は融資という扱いなのでファクタリングよりも審査が厳しいです。
もしも赤字決算や税金未納などが過去にある場合は、審査に通らない可能性があります。
従って、審査面に関してはファクタリングの方が約束手形よりも審査基準が緩く、通過率も高いです。

リスクを抑えたいなら「ファクタリング」を利用する

もしも貸し倒れリスク等の責任に不安を抱いている場合は、返金義務の責任を負わないファクタリングの利用がオススメと言えます。
ファクタリングの場合、債券さえ買い取ってもらうことに成功すれば、売掛先と債権回収業社の間で何らかのトラブルが発生したとしても、責任を負う必要は一切ありません。
一方で約束手形の場合は不渡りが起こってしまうと、利用者が責任を持って買い戻す必要があります。
そのため、万が一のリスクを恐れているのであれば、ファクタリングを利用した方が良いでしょう。

長期的な資金繰りをしたいのであれば約束手形を利用する

ファクタリングの利用可能期間が60日以内なのに対し、約束手形の利用可能期間は120日前後と長いです。
そのため、長期間の資金繰りを行いたい場合は約束手形の利用がベストな選択と言えます。
経費が支出されるタイミングや売上金が入金される際のタイムラグを好きなようにコントロールできるというのは、約束手形ならではの大きなメリットです。

まとめ

約束手形とファクタリングの違いはお分かり頂けたでしょうか?
約束手形とファクタリングはどちらも資金調達を目的としたサービスなので、一見すると同じように思えますが、返済義務や手数料、審査面などが意外にも異なります。
今後資金調達を考えている方はサービスを最大限有効活用していくためにも、それぞれの仕組みやメリット・デメリットを把握しておくことが大切です。

>>ファクタリングをもっと詳しく知りたいならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする